草むしりが楽になる!状況に応じて道具を使い分けよう~

庭の草むしりや庭木の手入れが楽になるアイテム

剪定

業者に庭の手入れをしてもらった後、こまめに自分で手入れをするつもりなら専用の道具を活用しましょう。個人でも安全に使える道具がありますし、体への負担も軽減されるので、今まで以上に庭の手入れが楽になります。

庭の手入れに適したアイテム

草刈り機を使う
自分で草むしりをする場合、草刈り機が一台あると非常に便利です。広範囲に生えている雑草をひとまとめに処理できるので、体に負担もかかりませんし、手間もかかりません。使用の際は取り扱い方を十分確認しましょう。
鎌を使う
鎌は昔から草むしりに使用されてきた道具ですが、現在でも需要があります。鎌で草むしりをすると手では抜けないような頑固な雑草でも、力を入れずに抜くことができます。草刈り機で取り残した部分を刈るときに使いましょう。
草取りヅメ
庭木以外にプランターや花壇で植物を育てているのなら、草取りヅメで草むしりを行ないましょう。草取りヅメは鎌よりも細かい部分の草むしりができるので、プランターや花壇のような限られた範囲での作業が可能です。

庭木の伐採は自分で行わない

庭木が小さい場合など、自分で木の伐採をしようと思うはずですが、なるべく業者に任せるようにしましょう。木の伐採ではチェーンソーやのこぎりを使うので、取り扱いに慣れていないとうまく切ることができませんし、最悪の場合チェーンソーの跳ね返りなどによって大けがをする恐れもあります。木の伐採の際は業者への相談が最適です。 草むしりや庭木の剪定、木の伐採のような手入れは自分で行なっても良いですが、必要に応じて業者への依頼も考えましょう。

TOPボタン