草むしりと庭木の剪定で美しさを保つ~木の伐採もプロにお任せ~

業者が行っている庭の手入れ~プロに任せてスッキリお庭~

業者が行っている雑草の手入れ

手作業で行なう手入れ
業者では庭の状況によって雑草の手入れ方法を変えます。個人宅の庭で、さらに芝丈が10センチ以下の場合は草むしりをして手入れを進めていきます。芝丈が短いときに草刈り機を使うと他の植物を誤って刈り取る恐れがありますが、草むしりであればその心配はありませんし、根元から抜き取れるので、生える速度を落とすことも出来ます。
草刈り機
庭が広い、雑草が伸びきっているなど、草むしりでまかなえない場合は、草刈り機を使用して雑草を手入れしていきます。草刈り機は手作業よりも少ない人員で雑草の手入れができますし、効率も良いので作業時間の短縮に繋がります。また、業者は草刈り機の使い方を熟知しているため、自分で行なうよりも綺麗な仕上がりとなります。

プロが行っている庭木の伐採

作業員

業者が木の伐採をする場合、まずは剪定から先に行ないます。邪魔になる余分な枝を切り落としておくことで木が倒れやすくなりますし、周辺の庭木や住宅の壁を傷つけることもありません。また、業者は安全に木の伐採をするために、倒す方向をあらかじめ決めておき、必要に応じてロープなどで牽引しながらゆっくり引き倒していきます。

剪定をするなら要望を伝えておこう

木の伐採ではなく庭木の剪定をする場合、事前に業者に要望を伝えるようにしましょう。業者は剪定の技術力が高いため、効果的に無駄な枝を省いてくれますし、庭木をユニークな形に剪定することが可能です。また、庭木の剪定方法が具体的に決まっていない場合でも、業者に相談すれば状況を確認しながら最適な方法を提案してくれます。

TOPボタン